三線の各部名称

三線の各部位の名称などをご紹介させていただきます。

三線の各部位の名称にも実は諸説ございます。

 

・三線が沖縄(琉球)から内地(当時の大和)に伝わり、三味線に変化していった後に、逆輸入のような形で沖縄に戻ってきたので、三味線と同じ呼称になっている。

 

・元々、沖縄に三線がある時期に「うちなーぐち」としての呼称が存在する。

 

このページでは、現在、沖縄で一般的に使用されている各部位の呼称をご紹介させていただきます。

三線の各部位の呼称などの画像
三線の各部位の呼称など

①天(テン:ちら)

基本的に表の面の部分。

この天に特徴のある型に知念大工型があります。

近年では、天にエッジともいえる角ばった(尖った?)ラインが入った棹も見られますが、元々は【稜線】と表されるように、こんもりと盛り上がった感じでした。

ちなみに、天の上の面を「月の輪(ツキノワ:ちらかまち)」。横の面を「虹(ニジ:ういちらむちねー)」。

②範穴(ノリアナ:からくいみー)

文字通り範(カラクイ)を通す穴の部分です。

 

③歌口(ウタグチ:うとぅがに)または情

 

④範(ノリ:からくい)または、(むでぃ)

ちなみに、首里(すい)型のカラクイ(むでぃ)を「すいむでぃ:スイムディ」と呼びます。

 

⑤糸蔵(イトクラ:ちるだまい)

この糸蔵が長いのが与那城型(ゆなー)と呼ばれる型の特徴です。

 

⑥乳袋(チチブクロ:みるくみみ)

 

⑦野(ノ:とぅーい)

初歩的な事ですが、このトゥーイに問題があると、弦が棹に触れてしまうことで発生するビビり音の原因となってしまいます。

 

⑧野丸(ノマル:てぃーあたい)

 

⑨野坂(ノサカ:すんうり)

 

⑩鳩胸(ハトムネ:うとぅちから)

天の部分でも記載させていただきましたが、知念大工型は、この部分も盛り上がった形になっております。天と同様に近年ではエッジの強い形状で製作される方も増加してきております。(元来は、稜線と称されるように、こんもりと盛り上がった感じです。)

⑪爪裏

(ツメウラ:うとぅだまい)

この部分を見れば、製作者がどれくらい丁寧な仕事をされているかが見られます。真壁型には美しい線が施され、与那城型は、美しい滑らかな面に仕上げられております。

 

⑫心(シン:ちーがたむち)

この部分も、普段は見えない部分ですが、良い棹は綺麗に磨かれております。

⑬駒(コマ:うま)

 

⑭男絃(をぅーぢる)

 

⑮中絃(なかぢる)

 

⑯女絃(みーぢる)

 

⑰糸掛け(イトカケ:ちるどぅみ)

 

⑱心穴(シンアナ:みじとぅい)

 

⑲猿尾(サルノオ:みじあてぃ)

その他の名称

・棹(サオ:そー)

 

・胴(ドウ:チーガー)

 

・糸(イト:ちる)

 

・手掛(テガケ・ドウマキ・てぃーがー)

google-site-verification: googled2b1a625de7ecd97.html